毎日のちょっとした”おいしいお話し”&”コニャンコの成長日記”掲載してます。


by catsan20

京都おばんざい弁当

コンビニのお弁当は飽きるけれど、お弁当は飽きないのはなぜ?
これは、やはりシンプルな味が基本となってるだからだと思います。

京都”おばんざい”は旬の野菜を使った日常的なお惣菜。
手に入れやすい季節の食材を使い、飾り気のないムダを出さない普段食べるような
おかずのこと。

飾り気のないごくごくシンプルな味だからこそ伝わる、定番の美味しさです。

                 『京都おばんざい弁当』
c0091279_1131749.jpg


・みょうがと三つ葉のだし巻き
・鶏つくね
・ブロッコリーのおひたし
・大根とちくわのきんぴら
・さつまいも
[PR]
# by catsan20 | 2006-09-01 01:34 | お弁当のお話し
和食とワインは合わせるのが難しい・・と、よく言われますが、
これはお醤油がどうしてもワインの味を邪魔してしまうから。

けれど、ちょっとワイン&バルサミコ酢を足してあげれば、ワインにも合う和食の完成♪
和食と洋食の中間おかず。ワインはもちろん、ゴハンも進む一品です。

                  『鶏肉のバルサミコソテー』
c0091279_1091489.jpg

<材料&作り方>
・鶏胸肉・・・2枚
・A(バルサミコ酢大さじ、2赤ワイン大さじ2、砂糖大さじ1、醤油大さじ1)
・オリーブオイル適量
・塩コショウ(あればクレイジーソルト)少々

1.鶏肉は2枚に斜めに半分に切り、2倍の広さになるように厚さを1/2に端を残して切って広げる。肉たたきなどで、厚さが均等になるように叩いて塩コショウする。
2.熱したフライパンにオリーブオイルをひき、1を中火でじっくり焼く。
3.焼きあがったらAを加え肉にからめながら炒める。ソースがトロリとしてきたら出来上がり。

☆鶏胸肉は砂糖をまぶしてから15分ほどおき、中火でじっくり焼くと、パサつかず柔らかく焼けます。

と、こんなワインの話をしておきながら、この日は和食として食べることに(笑)
”いくら大根おろし”と”山形ダシ”がちょろちょろ↑してますね。
[PR]
# by catsan20 | 2006-08-31 10:34 | 料理のお話し

始末のココロ弁当

京都では日常で”もったいない”と、よく口にします。
生地の端切れで小物を作ったり、お茶のや豆腐の残り残り滓をお掃除につかったり・・・。
食材に対しても、全て使い切り、無駄にしない料理方法が色々と定着しています。

こうした京都では当たり前の”もったいない”という気持ち。これを「始末の心」と言います。
毎日の生活を見つめ直し、無駄をなくした徹底した京都の暮らしぶり・・・私も見習いたいです。

さて、今日は残り物でささっと「始末のココロ弁当」
c0091279_9463971.jpg
・鶏肉の照り焼き
・大根の皮とちくわのきんぴら
・さつまいも皮の素揚げ
・カニカマの卵焼き
・ほうれん草の黒ゴマあえ


☆大根の皮が”もったいない”のでちくわとゴマ油でキンピラ。
鶏肉が余ったので、照り焼きに。
さつまいも皮は厚めに剥いて素揚げしました。




おいしく始末されて、食材たちも喜んでるかな。
[PR]
# by catsan20 | 2006-08-30 10:00 | お弁当のお話し

鯛めしのレシピ

昨夜は久々に”鯛めし”をつくりました。

香ばしい鯛の香りに包まれ、ちょっとオコゲのついたご飯。
噛みしめるごとに、鯛の旨みが感じられ、しみじみとした美味しさを感じます。パリパリの茗荷と三つ葉もゴハンを引き立てる名脇役。日本人でよかったニャ~と感じる一品です。

もし時間があれば、おダシはきちんと取る事をオススメします。本当に本当に”料亭の味”に大変身しますよ♪

                   『鯛めし~料亭の味~』
c0091279_1029314.jpg

<材料&作り方>
鯛の切り身2枚、酒&塩適量、米3合、A(だし600cc、薄口醤油大さじ2、酒大さじ2、塩小さじ1/2)、三つ葉&みょうが適量

1.お米は磨いでザルに上げ、20分ほど置く。2.鯛の切り身に塩と酒を少々ふり、グリルで香ばしく焼く。3.鍋に1とAを入れ、蓋をして中強火で火にかける。4.沸騰したら弱火にして5分炊いた後、焼いた鯛を入れる。その後約15分~20分炊く。5.鯛の香ばしい香りがしたら火をとめて、そのまま10分蒸らす。6.ゴハンをほぐして、千切りにした三つ葉とみょうがを添えて出来上がり。

~☆catsanのダシの取り方~
昆布を水800ccにつけて半日冷蔵庫→鍋に入れて火にかけて沸騰する直前に取り出す。火を弱めて花かつお25gを入れ、1~2分煮出す。万能ざるで漉して冷ます。

☆オコゲは出来ないけど、同量で炊飯器でも作れると思います。
ダシさえ取ってしまえば、後は鍋にがんばってもらうだけ。catsanあまりに美味しくて3杯もおかわりしてしまいました。


翌日のお弁当は 『鯛めし弁当』
c0091279_9441061.jpg
・鯛めし
・卵焼き
・ピーマン&牛肉の甘辛醤油いため
・卯の花
・ちくわキュウリ
・トマト
[PR]
# by catsan20 | 2006-08-29 10:33 | 料理のお話し
昨日のキャラメリゼで”バナナは焼くと甘みが増して美味しい”という事を再確認。
けれど、そのまんま焼くと、独特の青臭いようなバナナ香りが出てきてしまうので、苦手な方も多いのでは?そんな方にはバニラなどで少し香りをつけると、とっても上品な香りになって食べやすくなります。

さて、今日はこんなもの作ってみました。
ベーグルブームも続いているので(笑)

『バナナ&ウォルナッツベーグル』
c0091279_1252739.jpg


最初と比べかなりピカピカになってきました♪catsanちょいと腕をあげたみたい?
[PR]
# by catsan20 | 2006-08-28 12:12 | パンのお話し
先日作ったくるみのベーグルを食べようと思ったら、ロミジャムがなかった・・・。
バナナが沢山あったので、こんなものを作ってみました。
 
                  『バナナのキャラメリゼ』
c0091279_0515951.jpg

<材料&作り方>
・バナナ2本
・バター大さじ1
・グラニュー糖大さじ2
・バニラビーンズ枝1cmぐらい(なくてもOK)少量の水でふやかしておく

1.バナナは1cmの輪切りにスライス。2.ルクルーゼ(orホウロウの鍋)にバターとグラニュー糖を溶かして中火にかける。3.茶色く色づいてきたら、バナナとバニラビーンズをこそげ取ったものを加えて3分から5分煮詰める。

☆冷蔵庫で1週間ぐらい日持ちします。キャラメルの香ばしい味とバナナがマッチして、そのまま食べてもおいしかったです。バニラアイスにかけても美味しいし、フレッシュチーズと混ぜてディップにしてもgoodでした。デニッシュの具にしてもよさそう♪

今日のおやつは『くるみのベーグル』クリームチーズと一緒にたっぷり塗ってパクッといただきました。
[PR]
# by catsan20 | 2006-08-27 23:49 | お菓子のお話し
久しぶりにワインに合う料理を作りました。
catsanはワインが好きなので、週末はたまにこんな感じの料理になります。

前菜は「タコのパセリソース」
c0091279_9463870.jpg
<材料&作り方>2~3人分
・ゆでタコ200g、パセリソース(パセリ1袋、ニンニク1/2片、アンチョビ2枚、ケッパー小さじ1、ピクルス1本、オリーブオイル大3、塩コショウ、レモン汁大1)
1.タコは薄切りにしてお皿に並べる。2.にんにくをフードプロセッサーでみじん切りにする。3.2にパセリ、アンチョビ、ケッパー、ピクルス、レモン、塩コショウを順に入れフープロで攪拌。3オリーブオイルを少しずつフープロを回しながら加えて、とろりしたら出来上がり。☆タコは市販の刺身用です。パセリソースは食べるときにタコにかけてね。


続いて「ゴルゴンゾーラのペンネ」
c0091279_9375298.jpg<材料&作り方>2~3人分
・ゴルゴンゾーラ100g、生クリーム150cc、ペンネ250g、塩コショウ、スパ湯(パスタの茹で湯)
1.ペンネを茹でている間に、ゴルゴンゾーラを2cmサイコロ状に切る。2.ペンネが茹で上がったら、フライパンにスパ湯おたま2杯とゴルゴンを入れ強火で溶かす。3.中火に落として、生クリームを加え、ペンネを入れて混ぜとろみがついたらOK。お好みで上からクルミやイタリアンパセリを散らしてもgood。

☆チーズから塩気がでるので、茹でるときの塩分は減らしてね。


そして、メインは「ポークのセージ風味~春野菜の蒸し煮添え~」
c0091279_938664.jpg
<作り方&材料>豚ロース(とんかつ用)80g×4枚、塩コショウ、薄力粉大さじ1、オリーブオイル大さじ2、バター10g、セージ15枚、白ワイン30cc
春野菜蒸し煮:にんにく1片、ベーコン2枚、玉ねぎ1/2、生ソーセージ2本、トマト中2個、オリーブオイル大さじ2、バター(炒め用)10g、セージ10枚、冷凍グリーンピース60g、白ワイン50cc、水125cc、コンソメ小さじ1、キャベツ90g、レタス90g、塩コショウ、バター20g
1.豚肉に塩コショウをし薄力粉をまぶす。鍋にバターを熱し豚肉を入れて上の面にセージを2~3枚貼り付ける。焼き色が変わったら裏返して残りのセージも貼り付ける。2.白ワインを加えアルコールを飛ばした後、焼き上がりを皿に取る。3.材料の下ごしらえ。にんにくはみじん切り、ベーコン玉葱は5mmスライス、ソーセージは8mmスライス、トマトは湯むきして一口大に切る。4.豚肉を取り出した鍋にオリーブオイルとバターを入れ、にんにく、ベーコン、玉葱を炒める。香りが出てきたらソーセージを加えさっと火を通す。5.セージとグリンピース、白ワインを加えアルコール分を飛ばしトマトを加え強火で3分煮る。6.分量の水とコンソメ、レタスとキャベツを加えバターを入れてさっと火を通す。7.器に野菜を盛り付け、ポークを添える。
☆ル・クルーゼ用のレシピ引用ですが、厚手のフライパンや鍋でも十分できます。



メインはなぜかフレンチ(笑)結構手間取りましたが、他はとっても簡単に作れます♪
特にゴルゴンゾーラ、これでワインが進む、進む~。
[PR]
# by catsan20 | 2006-08-26 23:00 | 料理のお話し

ベーグル作りました

待ちに待った「ベーグルの本」が届きました。
早速作ってみよう♪
本を読むと・・・フムフム一時発酵はほとんどしないんだ。粉は最強力粉に変更。
種類はあれこれ悩んで、結局一番好きなブルーベリーと作りやすいくるみベーグルに決定。
そしてその結果↓
c0091279_12362517.jpg
運良く、できました(涙)。もちもちしててかわい~♪。つややかになるまであと一歩です。


c0091279_1237097.jpgこれを使って今日は「ベーグル☆ランチ」
・ハーブチキンフライのベーグル
・トマトバジルのクリームチーズベーグル
・ほうれん草と卵炒め
・ガーリックきのこ炒め
・プチトマト



B&Bのレシピは絵がかわいい♪よって、しばらくハマりそうです(笑)
明日は何作ろうかな~。
[PR]
# by catsan20 | 2006-08-25 12:55 | パンのお話し

ニャンコまっしぐら!

お花屋さんをのぞいたら、かわいい植物を見つけてしまいました。
赤くて、ふわふわの花序が、何とも愛らしい。
見ているだけでココロがほっくり温まるようで、なんだか癒し効果もあります~。

c0091279_12394228.jpgその小ちゃくて赤い植木に、キャット(乙女)GOKOROがぎゅんぎゅんくすぐられ、ついには買って帰ってきてしまいました。












その名も「キャッツテール」・・・・なるほど、にゃんこ納得。
[PR]
# by catsan20 | 2006-08-24 12:46 | ガーデニングのお話し

鮭どーんのっけ弁当

ケンタロウさん本は豪快なレシピ。
シンプルなんだけど、なんだかとっても美味しそうです。

私も見習って作ってみました、まずは豪快お弁当から。

「焼き鮭どーんとのっけ弁当」
c0091279_1037177.jpg玄米ゴハン&焼き鮭どーん。
・たまご焼き
・エリンギ炒め
・ほうれん草おかか
・キンピラゴボウ
・切干大根
・プチトマト









☆蓋を開けたら、きっとびっくりするぞ~。
[PR]
# by catsan20 | 2006-08-23 10:48 | お弁当のお話し

ル・クルーゼ活躍中

ルクルーゼの鍋が我が家にやってきました。

ブルーの22cmのココットロンド。あまりにもキレイで使うのがもったいなくて
最初は眺めているだけでした。

実際に使ってみると、かなり重いけど、うわさどおりの優れモノ。
米を炊けばつややかに仕上がり、冷めても美味しい。
半年前に購入したIH炊飯器も負けるほどの実力者です。

そんなルクルーゼ、やっぱり得意なのが煮込み野菜。

『鶏肉とキャベツのフランス風煮込み』
c0091279_11403610.jpg1.鍋にオリーブオイルを入れ、骨付き鶏モモ肉400gを表面に焼き目を付けるように強火で焼く。
2.ざくざく大きく切ったキャベツ半分を鍋に入れ、上からたっぷりのオリーブオイルとローレルをちぎって加える。塩コショウし蓋をし弱火で蒸し焼きに。
3.10分ぐらい経ったらプチトマト6個を入れて更に5分蒸し焼き。


*ポイントはキャベツは洗ったら水気を切らずに使う。



シンプルだけど、ローレルがきいてキャベツが甘い。フランスの田舎料理みたいです。
[PR]
# by catsan20 | 2006-08-22 11:48 | 料理のお話し

お弁当作りは日課

毎日の日課になっているのが、お弁当作りです。
眠くて作れない日もあるけど、まま、頑張すぎずにやるのが楽しく続ける秘訣。

学生のとき母がお弁当を作っている際、よく言ってました。
「お弁当は黄色と緑と赤を入れるようにするといいのよ。彩りがいいし、栄養バランスも何となく良くなるから」

だから私のお弁当はカラーにこだわってます。(なるべく)
大好物の卵焼きがほとんど毎日入り、プチトマトor梅はアクセントに←ないとかなり不安。
ほうれん草とかインゲンとか青菜物は必須アイテムです。

c0091279_111143.jpg


蓋をパカっと開いた時、美味しそうと思ってもらえるようなお弁当を目指してます。
[PR]
# by catsan20 | 2006-08-22 11:01 | お弁当のお話し

パン大好物

もともとパン職人にあこがれてて、パン作りは大好き。
その中でもベーグルは大好物、という訳でブルーベリーベーグルを早速作ってみました。

8月は暑いので生地がダレる~。
手捏ねは諦め、友達にもらったクイジナートをフル稼働。

仕上がりは・・・形は不恰好で、味も不恰好(笑)シワシワになっちゃったよう。
ですが、”いがらしろみジャム"をたっぷり塗って食べたらおいしかったです。
c0091279_1344285.jpg


今、ベーグルの本を取り寄せしてるので、次回に期待です。
[PR]
# by catsan20 | 2006-08-21 13:47 | パンのお話し

はじめまして

はじめまして。ずっとやってみたかったブログはじめます。
日々の生活のおはなし、まったりのんびり更新しますのでよろしくね。
[PR]
# by catsan20 | 2006-08-21 13:23